任意売却で払えない住宅ローンを返済

とにかくお急ぎの方はこちら 任意売却をお考えの方は無料で相談

任意売却とは不動産競売より少しでも高く不動産を売却することで、住宅ローンの残債を減らすために考えられた手法です。

2000年の金融危機で、企業のみならず個人の不良債権も大幅に増加し、金融機関は不動産競売の申し立てで債権回収を図るしか方策がありませんでした。

しかし不動産競売の場合は、買い受け人となる人物による競りとなるため、どうしても不動産の売却価格が低くなり、残った残債は最終的に不良債権として償却していました。

これに目を付けたのが、任意売却を専門とする不動産業者です。不動産競売が申し立てられる物件は、住宅ローンが返せないだけで、物件としての価値が落ちているわけではありません。

そこで任意売却の専門業者は、金融機関とパイプを作り、不動産競売に回りそうな物件を紹介して貰います。

金融機関としても、面倒な不動産競売の申し立てをせず、なおかつ不動産競売よりも高値で買い取ってくれる任意売却の専門業者は、渡りに船でした。こうして任意売却という手法が認知されるようになり、任意売却が一般的になりました。

競売よりメリットが大きく残債の少ない任意売却がオススメ

任意売却と聞くと、ローンが支払えない時の最終手段というイメージで、かなりゾッとするかと思いますが不動産物件を競売にかけるよりも経済的に、精神的にメリットのある方法です。
任意売却は債務者、債権者、不動産会社と三者の合意に基づく不動産物件の売却方法です。そのため、話し合いによっては住宅ローンの残りを分割で支払えたり、競売価格よりも高い価格で売却できたり、売却時に他の人には知られずに売却が出来たりと、メリットがあります。
逆に競売ですと、どの物件が競売にかけられたのか分かってしまったり、債務者の懐事情に関係なく、住宅ローンの残りを支払わなければならなかったり、すぐに引っ越しをしなければならなかったりと、精神的、経済的にかなり負担がかかります。
任意売却に強い不動産会社によっては、最短3営業日で物件を売却することが出来たり、引っ越し金の保証をしてくれたり、今後の依頼者の生活をフォローするために弁護士や司法書士と提携するなど、依頼者の立場に立ったサービスを提供しています。

コメントは受け付けていません。